即日融資OKのカードローンは便利です

銀行や信用金庫、信販会社や消費者金融からお金を借りる、融資を受ける場合、大きく分けると2つに分類されます。
一つは特定の目的だけに限定される融資です。
有名なのは住宅ローンや自動車ローンなどでしょう。
これらの融資は、購入する品目が限られており、契約書の記載されている金額だけを借りる事ができ、たいていは金融機関から直接商品の販売先にお金が入金されます。
ですから、お金を借りる人が多少なりとも自由に別の用途に使う事はできないのです。
もう一つはフリーローンと呼ばれるもので、借りたお金の用途を限定される事がありません。
生活費の足りない分を補ってもいいですし、旅行費用にしてもいいのです。
カードローンはフリーローンの一種になります。
ですから、借りたお金の用途を限定されない、自由に使えるお金を借りる一手段なのです。
使い道が自由であるというのは非常に使い勝手の優れる融資ですが、金利が若干高めになるということも覚えておきましょう。
カードローンとは、ATMやCDからカードを使って限度額内であれば自由に借り入れたり返済したりできるサービスのことです。
例えば使途が決まっている住宅ローンなどでは、同じローンで追加して借りることは出来ず、追加融資をする場合は、新たに審査を受けることになります。
しかしカードローンは一度審査を受けてカード発行された後は、決まった金額の範囲内で自由に出し入れすることが可能です。
基本的にカードローンとは、融資専用のカードを金融機関から発行してもらい、そのカードを使って金融機関の窓口やATMから融資限度額内で自由にお金を借りる事のできるサービスです。
融資専用のカードを金融機関から発行してもらうためには、融資が可能かどうかを審査されます。
従来は大手銀行や信用金庫、信用組合などが扱っており、最近は消費者金融も融資専用のカードを発行するようになりました。
カードローンを巡って金融機関同士の顧客獲得競争が激しくなってきているため、融資審査に必要な時間がサービス向上により短くなり、即日融資に対応する金融機関がほとんどとなっています。
融資審査の申し込みから1時間以内でOKが出てカードが発行されるということも珍しくありません。
融資を受ける側にとってとても使い勝手に優れるものとなっています。
借りたお金の返済方式も多種多様です。
ですから自分の収入スタイルに合わせた返済方法を選べます。
最近多いのは定額リボルビング返済、いわゆるリボ払いです。
毎月の返済額を3000円、5000円、10000円と無理のない返済金額に固定してしまい、全額を返済し終わるまで同じ金額を毎月返済します。
融資を受けた金額にかかわらず返済額は定額なので無理なく返済できるというメリットがあります。
そして毎月きちんと返していれば、融資限度額の枠内で何回お金を借りてもよいという使い勝手の良さは魅力です。
即日融資可能で使い勝手もよいので、万が一の時のためにカードを用意しておく人も多いです。

コメントは停止中です。