カードローンの即日融資から得た教訓

このサイトは、【即日融資】カードローンを作るな!というタイトルですが、カードローンをただ作るな!と言っているわけではありません。
カードローンは作ってもいいです。

しかし、基礎的知識を知らない人や心構えができていない人が多すぎると感じています。
ですから、このようなちょっと刺激的なタイトルにしました。

融資を考えている人は、こちrなおサイトをお読みください。それⒹも借りたければ借りればよいと思います。
大人ですから、そのあたりは自己責任です。

祖母からのたった一つのアドバイス

カードローンで300万の借金をして、5年がかりで返済しました。

そうも、吉本です。facebookを中心に、多重債務で悩む方にアドバイスをしています。

こち等にサイトにはよく合う質問の答えや、私の考え方、カードローンの基礎知識などを掲載しています。
質問をされる方は、小平のサイトを読んで、それでもわからなければメッセージください。

私が借金を抱えて(株取引)貯金を使い果たし、カードローンに手を出して、300万の借金を抱えて、収入は月収20万前後、どうしようもなくなって実家に帰った時に、祖母から言われた言葉がきっかけで、改めて気づきを得て、借金が返済できたことはいろいろな所で書いてある通りです。

cardloan5

多重債務脱却を成功させるための基礎になる考え方ははやっぱりこれです。「身の丈に合った生活を心掛ける事」これにつきます。

単純で短い言葉ですが、分かっていても実践できない、奥の深い言葉です。
私は25歳で上京したときに、祖母がいうこの言葉は理解できませんでした、若かったし、下部で一発当てて大様のような暮らしを夢見ていましたからね。

まぁ、実家に帰って改めて自分を見つめなおす時間をえて、東京・・・都会の洗脳と言いますか、消費生活ですね、そういったものから解放されたというのも手伝っていたのかもしれません。

東京にいたころは、毎晩飲み歩き、キャバクラで数十万使ったりと、本当に無駄でどうしようもない生活でしたから・・・・田舎だと強制的にそういった生活はできませんからね(おばさんがやっているスナックくらいしかないし)

今の暮らしが、わたしのみのためにあった生活なんだなぁと受け入れています。
今は酒もタバコもやめて、借金も返したし、株もやめて、会計事務所の下請けのパソコン入力作業をしています。
月収は23万と少ないですが・・・それでも安定しているし、在宅っできるので、文句はないですね。

まぁ、そんな感じです、今の生活は。

酒を辞めたせいか、痩せて腹もひっこんだし体重は10キロくらい落ちました。健康体です(笑)

私の話は、これくらいにして、カードローンの話をしましょう。
カードローンには悪い借金といい借金というものが存在します。

ですから、私は、なにも頭ごなしにカードローンが悪い!と言っているわけではありません。要は使いようですからね、何事も。

こちらのサイトではカードローンの基礎知識を載せておきますので、参考にしてください。
借金に苦しんでいる人はafcebookでアドバイスも可能ですので、コメントいただければ幸いです。

カードローンの利用方法(基礎知識)

カードローンの商品の中には、非常にスピードが速いものがあります。
私たちは何かの事情があって、速やかにお金を借りたいと思うことが有るものです。
ちょっと急ぎでお金が必要になったので、クレジット会社や銀行などから借りる事例などは非常に多いものなのですが。
クレジット会社や銀行の中には、借りることができるまでのスピードが非常に速い商品を提供していることがあります。
それがいわゆる、カードローンの即日融資と呼ばれるものです。
即日で借りるためには、多くの場合はインターネット申し込みが利用されています。
その時の流れは、次の通りです。
まずは銀行やクレジット会社に対して、ローンの申し込みをします。
その申し込みのための方法は、主にインターネットが活用されている事が多いものです。
ネット申し込みの時は各クレジット会社に申し込み用のフォームが設置されていますので、それに申し込みデータを入力する事になります。
データを受け取ったクレジット会社は、審査を行うものです。
※注意
(現在主流のWEB審査については最下部にて説明しています)

その審査で問題がないようでしたら、次のステップに進みます。
しかし問題があれば、次のステップに進むことはできません。
審査落ちになります。
その審査落ちの理由は、人によって様々なものです。
安定収入の有無や、他社での借り入れの状況などが見られることが多いそうなのですが。
次のステップは、契約です。
契約のためには、書類の送付なども必要になってきます。
各会社によって、この契約のための方法は色々と異なっているものです。
多くの場合は、本人確認書類と呼ばれるものが必要になってくるのですが。
また融資希望額によっては、収入証明書などが必要になってくるケースもあります。
状況に応じて、必要な書類は色々と異なってくるわけです。
ちなみにその際の申し込み用の書類は、ネット媒体でクレジット会社に送付できる事も有ります。
そして契約が完了すれば、融資が実行される訳です。
ここまでの各ステップは、全て申し込みをしたその日の内に完了します。
ですので即日にお金が借りる事ができる訳です。
ただしその日の内に借りることができるかどうかは、契約が完了した時間に左右されることが多いですね。
果たして「何時に」契約が完了しているのかによって、即日の融資ができるかどうかが左右されます。
例えばある会社の場合は、契約の手続きを14時までに完了させなければなりません。
では14時10分などになっているとどうなってくるのかというと、即日にはならない訳です。
この契約手続きの締め切り時間は、各ローン会社によって色々と違っています。
上記のように14時までに完了させれば良い会社もあれば、12時半や15時近くなどと様々異なっているものなのです。
たいていの会社は、12時台もしくは14時台が締め切り時間と設定されている事が多いのですが。
ただしインターネットで申し込みをするのではなく、各クレジット会社の申込機などを利用した場合は話は別です。
各会社の申し込み機などを利用した場合には、非常にスピーディーに融資が実行されるパターンが多いと言えます。

コメントは停止中です。